メッセージボード

★オススメ記事ピックアップ★

通販サイトAmazon(応援して下さる方はクリックだけでもお願いします)
当ブログ電子書籍について(ブログの内容をまとめ直したものです)

<オススメ記事ランダム表示>
※ブログ内の記事がランダムに表示されます。尚、その他の記事については「全記事一覧」をご覧下さい。
2018年5月17日木曜日

「スーパーフードまとめ17」アムラ・ブラフミー・シャタバリ

この記事ではいわゆる「スーパーフード」と呼ばれる事もあるアムラ・ブラフミー・シャタバリについて、それに含まれている栄養素、その効果、及び疑問点などを私なりにまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。尚、この記事に書かれている事は私個人の意見であり、他の方の考え方を否定するつもりはありません。色んな考え方があって良いと思うので押し付けもしません。同調したい方のみ同調して下されば幸いです。
(記事作成日時:2018/5/17)


当記事メニュー一覧

項目が多いためリスト化しています。クリックする事で直接その場所へ飛ぶ事ができます。また戻りたい場合には各項目の一番下にある「戻る」をクリックすればこの場所に戻ってくる事ができます。



★いわゆる「スーパーフード」に関する注意点



●アムラ

アムラはトウダイグサ科コミカンソウ属の植物であるユカンの事で、別名としてアムラやアムラキと呼ばれており、英語ではインディアングーズベリーとも呼ばれています。

原産はインド~東南アジアにかけてで、正確な時期は不明ですが、インドの伝統医学アーユルヴェーダ(特に紀元前1500年頃のヴェーダ時代)においては、アムラに滋養強壮作用があるとし、古くから生薬として利用されていたと考えられています。日本では特にアムラの果実が知られていますが、果実だけでなく、種、花、葉、根、幹全てに薬効があるとされており、インドでは全土で栽培されています。

アムラは抗酸化作用及びコラーゲンの合成に必要なビタミンCが豊富に含まれているとされ、その量はレモンの数倍とも言われています。またアムラはポリフェノールも豊富とされており、赤ワインの数倍以上の含有量があるとも言われています。特にポリフェノールには強い抗酸化作用がある事から、これがビタミンCの酸化を防ぐ役割を果たしており、一般的な柑橘系の果物よりも効率良くビタミンCを摂取できると言われています。ただしポリフェノールは渋味の元になるため、好き嫌いが別れます。基本的にはジャムのように使うと良いでしょう。

他ではおそらく酸味をもたらすクエン酸などの有機酸や、甘味の元になる糖質を少量含むと思われます。また果肉の部分がシャキシャキしている事から、おそらく食物繊維(ペクチン等)は豊富に含んでいると思われます。ただしビタミンC以外のビタミンやミネラルに感しては含有量が少ないか、殆ど含まれていないようです。前述のようにアムラは生薬に利用される事が多い事から体には良いと思われますが、具体的にどの成分がどれだけ含まれ、またどの成分がどのような効果をもたらすかについては分かっていない部分も多いため、過信は禁物だと思います。




●ブラフミー

ブラフミーはセリ科ツボクサ属の植物であるツボクサの事で、別名としてハーブの名であるゴツコラ、またインドの伝統医学アーユルヴェーダでブラフミー(ハンセン病の治療に用いられたとされるハーブ)と呼ばれています。

原産は東南アジアとされ、インドや中国などでは古くからハーブ及び生薬として利用されてきたと言われています。現在はマダガスカルが最大の生産国である他、中国、インド、ベトナム、インドネシアなどでも栽培され、日本(九州・小笠原・沖縄)、アメリカ・アフリカ大陸など世界各地にも自生しています。

ブラフミーに関する情報は多くありませんが、少なくともビタミンC(抗酸化・コラーゲン合成)、ビタミンK(カルシウム吸収促進・止血)、食物繊維などは含まれていると思われます。またポリフェノールも豊富に含まれているとされており、おそらくブラフミーの持つ健康効果の多くは豊富なポリフェノールによるものだと考えられます。ただし濃度の高いポリフェノールは渋味の元になるため、好き嫌いが別れます。

前述のようにブラフミーは主にハーブとして利用されます。効能として謳われているものを挙げると、例えば抗酸化作用、コラーゲンの合成を促す作用、血管系の病気を予防する作用、強壮作用、解熱作用、止血作用等があります。この中では特に皮膚に対して効果があるとされているようです。しかし具体的にどの成分がどれだけ含まれ、またどの成分がどのような効果をもたらすかについては分かっていない部分も多いため、過信は禁物だと思います。




●シャタバリ

キジカクシ科クサスギカズラ属の植物であるアスパラグス・ラケモスス(asparagus racemosus)の事を、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダでは「シャタバリ」と呼んでいます。アスパラグスとなっている通り、シャタバリは日本の野菜として知られる「アスパラガス」と同属でありその仲間です。

野菜のアスパラガスでは茎の部分を食しますが、アスパラガスの仲間には根が芋のように肥大化する種類があり、このシャタバリでも主に根の部分を利用します。シャタバリはチベットやオーストラリアにかけての亜高山帯に自生しており、古くからハーブとして利用されてきたと言われています。

特にシャタバリは女性向けの強壮剤・不妊治療などの効果があるとよく言われます。情報は多くありませんが、イソフラボンのような成分とサポニンなどのポリフェノール類を含むとされており、おそらく謳われている健康効果の多くはそれによるものだと考えられます。ただしイソフラボンもポリフェノールも過剰摂取による副作用が出る可能性があるため、過信は禁物です。そのような利用法がなされていますが、安全と言い切る事もできないため、妊娠中や授乳中の利用は念の為避けた方が良いでしょう。




★オススメのサプリメント一覧

Nature's Way ゴツコラ・ハーブ オーガニック インディア アムラ
オーガニック インディア シャタバリ LIFE STYLE マルチビタミン・ミネラル