メッセージボード

★オススメ記事ピックアップ★

通販サイトAmazon(応援して下さる方はクリックだけでもお願いします)
当ブログ電子書籍について(ブログの内容をまとめ直したものです)

<オススメ記事ランダム表示>
※ブログ内の記事がランダムに表示されます。尚、その他の記事については「全記事一覧」をご覧下さい。
2018年5月17日木曜日

「スーパーフードまとめ18」モリンガの効果・摂取量等

この記事ではいわゆる「スーパーフード」と呼ばれる事もあるモリンガについて、それに含まれている栄養素、その効果、及び疑問点などを私なりにまとめています。ご興味のある方は下記「続きを読む」よりどうぞ。尚、この記事に書かれている事は私個人の意見であり、他の方の考え方を否定するつもりはありません。色んな考え方があって良いと思うので押し付けもしません。同調したい方のみ同調して下されば幸いです。
(記事作成日時:2018/5/17)


当記事メニュー一覧

項目が多いためリスト化しています。クリックする事で直接その場所へ飛ぶ事ができます。また戻りたい場合には各項目の一番下にある「戻る」をクリックすればこの場所に戻ってくる事ができます。



★いわゆる「スーパーフード」に関する注意点



●モリンガとはどういう食品?

モリンガはワサビノキ科ワサビノキ属の植物であるワサビノキ(Moringa oleifera)の事で、根の味が西洋ワサビに似ている事から西洋ワサビの木、外観からドラムスティックの木などとも呼ばれています。

原産はインドなど南アジアの熱帯地域で、成長が早く干ばつや病気にも強いのですが、逆に寒さには強くありません。そのため日本では九州や沖縄の一部地方で限定的に栽培されるのみとなっています。尚、食用にされるのは葉や根の他、種子や鞘からはベンオイルと呼ばれる油(飽和脂肪酸であるベヘン酸を含む)を抽出する事ができます。


●モリンガに含まれている栄養素

モリンガの葉は非常に栄養価が高く、βカロテン(抗酸化・粘膜の健康維持)、ビタミンB1(糖の代謝補助)、ビタミンB2(脂肪の代謝補助)、ナイアシン(エネルギー産生)、ビタミンB6(蛋白質合成)、ビタミンC(抗酸化・コラーゲン合成)、ビタミンK(カルシウム吸収促進・止血)、カリウム(ナトリウム・水分排出)、カルシウム(骨の形成・神経伝達)、マグネシウム(代謝補助)、鉄(酸素運搬)、食物繊維をいずれも豊富に含んでいます。

特にこの中ではビタミンB6に秀でており、100g摂取するとそれだけで1日に必要な量を補給する事ができます。植物性の食品の中でビタミンB6を多く含むのは珍しく、モリンガ以外で多く含んでいるのは唐辛子やニンニクぐらいで、それ以外では全般として動物性の食品に多く含まれているビタミンです。モリンガの最大の特徴と言えるでしょう。ビタミンB6以外のビタミンやミネラルに関しても、1日に必要な半分程度の量を補給できます。

モリンガは鞘や種も栄養価が高く、こちらにも豊富なビタミンCが豊富に含まれていると言われています。一方、根に関する情報は多くありませんが、ポリフェノールが豊富に含まれていると言われています。その代わりに癖が非常に強く、それが「ワサビノキ」の由来になっており、基本的に根は調味料や生薬として利用されます。ちなみに前述の葉の方は辛くなく、その粉末を使ったお茶はまさしくお茶(商品にもよるが抹茶に近いらしい)の味がするそうです。


●モリンガの欠点を考える

モリンガの葉の欠点を挙げるとすればビタミンB6の過剰摂取ですね。通常、ビタミンB6は水溶性ビタミンですし、そもそも過剰摂取できるほどビタミンB6が含まれている事自体が珍しいので、普段は全く心配する必要はありません。しかしモリンガではあまりに高い含有量から、サプリメントを利用する際にはそのリスクがあると思われます。ビタミンB6は神経伝達物質の合成にも使われる重要なビタミンであり、過剰摂取によっては稀に何らかの神経障害が出る可能性があります。サプリメントを利用する場合、用法用量は正しく守りましょう。

またモリンガではミネラルの一つである亜鉛が欠けています。亜鉛は成長ホルモン分泌や蛋白質の合成に関わる重要なミネラルであり、別途補給する必要があるでしょう。亜鉛はナッツ類に多く含まれているので、それを食べるかサプリメントを利用すべきです。他、注意すべきなのは前述の栄養価の高さは100g当たりだという点です。100gのモリンガを体の中に入れようとすると、サプリメントでも相当量摂取しなければならず、モリンガだけでビタミンやミネラルを補給しようとするのは無理があります。あくまで栄養補給の手段の一つと考えるべきでしょう。

何よりモリンガは糖質、蛋白質、脂肪といったエネルギーとなる栄養素が殆ど含まれていません。確かにビタミンやミネラルの栄養価は高いのですが、それだけでは人間は生きていけませんから過信は禁物です。


★オススメのサプリメント一覧

イグアス モリンガサプリメント MRM コンプリートビタミンE
LIFE STYLE カルシウム・マグネシウム・亜鉛 MRM オーガニック モリンガパウダー


★モリンガの摂取量

これは商品によって大きく異なりますが、モリンガには水溶性ビタミンが豊富に含まれる事から、錠剤・カプセル共に毎食時に小分けにして摂取するようにすると効率良く吸収する事ができると思われます。その上で用法用量を守って利用しましょう。健康に良いからと言って1日に何十粒も飲むべきではありません。

これはモリンガ茶の場合も同じ事です。何十杯というような無理な飲み方はするべきではありません(粉末は大量摂取で下痢をする可能性があるので注意。多くて1日5g前後まで。それを毎食時に小分けにする事)。特にお茶として葉を煮出す場合、あまりに高温だとビタミンCが失われてしまうので注意しましょう。少し低めの温度で時間をかけて煮出すか、温めた後で飲む前に粉末を溶かしたり、あるいは冷たい飲み物に混ぜると良いと思われます。