メッセージボード

★オススメ記事ピックアップ★

通販サイトAmazon(応援して下さる方はクリックだけでもお願いします)
当ブログ電子書籍について(ブログの内容をまとめ直したものです)

<オススメ記事ランダム表示>
※ブログ内の記事がランダムに表示されます。尚、その他の記事については「全記事一覧」をご覧下さい。
2014年3月3日月曜日

当ブログ概要・注意事項

初めまして、当ブログ管理人の「SaruyaMichael」と申します。読み方は「さるやまいける」ですが、「さるやま」と覚えていただければ嬉しいです。何卒よろしくお願いします。当ブログは「体質を改善したい人のための知識集」を私独自の視点でまとめています。特に「今までのダイエットに対する偏った考え方を改める」をテーマとして扱っており、それに付随するような事柄、例えば「健康・筋トレ・食事・サプリ・栄養・睡眠・ホルモン・ストレス・病気・体の悩み」等様々なテーマを扱っています。当ブログにより悩みを持つ人を少しでも減らす事ができれば幸いです。

尚、この記事では当ブログに関する概要、及び閲覧の際の注意事項等について書いています。当ブログを利用する場合、この記事に書かれている事、及びプライバシーポリシーを全て理解したものと考えます。必ず当ブログをご利用いただく前にそれぞれ読んでいただきますようお願いします。では「続きを読む」よりどうぞ。
(記事作成日時:2014/3/3、更新日時:2018/1/16,3/25)


●相互リンクについて

当ブログはリンクフリーとなっており、もしリンクしていただける方は下記にあるような「テキストリンクの形」でお願いします。トップページであれば勝手にリンクして下さって構いません。尚、相互リンクについては積極的に募集している訳ではありませんが、ご連絡いただければ貴サイトを一度拝見し、リンクをお返しするという事もあるかもしれません。ただし必ずしもお返しできるとは限りませんし、例えリンクをお返ししたとしてもその際のご連絡は特に致しません。何卒ご了承下さい。ちなみに相互リンクについては当ブログ以外の運営ブログである「身長を伸ばす方法について考えてみた」でお受けしております。あのブログでよろしければそちらから申し込み下さるとありがたいです。


・テキストリンク用タグ


・ブログ内容説明用テキスト(貴サイトデザインに合わせて変更可)



●コメント・トラックバック・広告・引用・宣伝について

当ブログではコメントの書き込み及びトラックバックをする事ができません。これは単純にたくさんのブログを運営していて管理が大変だからです。また広告についても積極的に募集している訳ではない上、第三者による当ブログの内容に関しての引用・転載・宣伝等に関しても許可しておりません。これは私が「説得力がない」「信頼性に乏しい」という立場を利用する事で、自分の書きたい事を好きなように書きたいからです。多くの人が利用して下さる事はもちろん嬉しいのですが、有名になりたいとかそういう欲も一切なく、むしろ当ブログが有名になる事で、自分の書きたい事が書けなくなってしまったら時間をかけて書く意味も薄れてしまうと思っています。その点ご理解下さいますようお願いします。


●当ブログに関する質問などについて

当ブログに関する質問は「ツイッター」や「連絡先メールアドレス(ウェブメールなので直接は受信しません)」にてお受けする事ができるかもしれません。ただし気まぐれでの対応となりますのであらかじめご了承下さい。返信が来ないからと言って何度も送り続けたり、怒ったり、他所へ悪評を広めたりしないで下さいね(笑) 何でこんな事を言うのかというと、私や当ブログよりも知識・経験・責任を持っている人は世の中に山ほどおられる訳です。私や当ブログを利用するよりも、他のもっと信頼できる人に聞くか、ご自分でお調べになった方が早いのでは?というのが私の基本的な立場です。お金や時間は有限なのでお互い効率的に使った方が良いですからね。


●当ブログに掲載している画像について

当ブログは文字がメインの構成になっている他、いわゆる「話し言葉」が多いため、人によってはかなりの見づらさを感じるかもしれません。これは単純に「自前で画像を用意する事ができないから」なのでお許し下さい。尚、稀に自主制作画像もありますが、それについては私が著作権を有しており、誠に勝手ながら転載禁止とさせていただきます。その他の画像に関しては基本的にパブリックドメイン(商用利用可・著作権フリー)のものしか利用しておりません。


●当ブログのコンセプト及びポリシーについて

私がインターネットを使って調べ物をしている時によく思うのが、「情報が十分に得られる」と謳っておきながら「それ以上の情報を得るためにはお金を払わなければならない」というサイトが非常に多いという事です。散々利用者の知的好奇心を煽っておきながらそれ以上知るためには有料・・・そういうサイトがネット上にはたくさんあります。サイトを長く運営していくにはどうしても収入が必要なのでそれは仕方ない事ではあるのですが、ただお金を稼ぐ事を目的にしたサイトってどこかで見たような情報しか得られないし、実際大した事書いてないよね?と思うのです。検索で上の方に表示されるサイトなら「当然情報量が多くてその質も高いだろう」と思って期待して見てしまうと、ガッカリする事が多くて多くて。お前の主観だろと言われればそれまでですが・・・。

もちろん実際に現場で働いている方々(トレーナーなど)の中には優秀な方もいて、その方が運営するサイトでは有料・無料に関わらず有用なサイトもあると思います。ただそれに関しても、有料でやられている方って有料だと情報量が多くてとても親切なのに、無料だと情報を小出しにして肝心な事は教えてくれないって方針の人が多い気がします。まぁそれこそ商売ですし、全ての質問に答える事は名が知られている人ほど難しいのは分かるのですが、それって結局「お金を払う事のできる経済力を持つ人」は自分のお客さんになるけど、それより経済力のない人は「自力で何とかしろ」って事ですよね。お金のない人ほど悩みが多いはずなのに、意図してか、有料にする事でその人たちの多くが対象から外されてしまっています。それではいくらその人が有益な情報を持っていても、多くの日本人にとって真の悩みの解決になっておらず、それって物凄く非効率的じゃないかなって私は思うのです。

せっかく「インターネット」という手軽に利用する事ができる開かれた世界があるのですから、インターネットを利用する人の経済力にはできるだけ関係なく、できるだけ多くの人の悩みを解決するお手伝いができたらと私は考えています。少なくともインターネットを利用できるだけの経済力を持つ人に関しては、一度にまとめて悩みを解決した方が絶対に効率が良いですし、その方が結果として多くの日本人にとって有益だと思うのです。当ブログが閲覧者にとって有益か無益かは別として、有料にする事で閉鎖的になってしまうよりは、有料になり得るである情報でさえも無料で全て公開する方が開放的ですし、より多くの人の悩みを効率良く解決する事ができるのではないでしょうか。

またそうして日本人一人ひとりの考え方が変化していけば、日本という国全体にも有益だと私は信じています。健康に対する意識が変わると、例えば就職先の選択肢も大きく変わります。健康を損ないかねない働かせ方をする会社には人が集まらなくなり、社員の健康を大事にする会社には人が集まりやすくなります。そんな簡単な事ではありませんが、日本人の多くがダイエット志向を持っているように、日本人は健康や寿命に対する関心が非常に高く、自分の健康を優先する事が可能なはずです。バブル崩壊以降日本はずっと不景気とされていますが、そうして無益な会社及び無益な会社に服従する人が減り、有益な会社に有益な人材が集まるようになれば、少なくとも今よりも経済は良くなっていくと思うのです。

当ブログはそういう大きな考えで運営しています。そのため情報の出し惜しみを一切しないという事をポリシーとしています。私の能力で書く事ができる情報は全て書くよう努めており、ただただ情報を垂れ流しています。目標は「無料なのにここまで情報量多くて大丈夫なの?」と言われるようなブログになる事です。まだまだ発展途上ではありますが、今後とも当ブログ及び当管理人をよろしくお願いします。尚、ダイエット、健康、筋トレ等に対する私の基本的な考え方については該当するそれぞれの記事をご覧下さい。


●あらゆる情報に対して「疑う」という気持ちを持つべし

例えばテレビ番組を通して得られる情報は、テレビ局側の人間が勝手に「これは視聴者にとって重要だ」と考える情報を選択して視聴者へ伝えています。当然その過程では「自分たちにとって都合の悪い情報」は捨てられており、仮にその捨てた情報の中に視聴者にとって重要な情報があったとしても、自分たちにとって都合が悪ければ捨てられたままにされてしまいます。その結果、視聴者に伝えられる情報には偏りが生まれ、どうしても「テレビ局側にとって都合の良い情報」ばかりになります。最近の若い人はインターネットを使って多種多様な情報をすぐに手に入れる事ができるため、「テレビや新聞では伝えていない情報がある=メディアにとって不都合な内容にこそ真実が隠されている」という事に多くの人が気づき始めており、既存のメディアに対する不信感は日に日に大きくなっています。「フェイクニュース」という言葉が話題になっていますが、「まるでテレビや新聞に書かれている事は全て正しいとでも言いたいのかな」と言われる事も増えてきています。私もそう言われないようにしないといけません。

例え多くの人が「信用している」とするメディアから得られた情報であっても、それが本当に「正しい」かどうかは、その情報だけでは決して判断できないはずです。テレビだって新聞だって週刊誌だって年中ミスを認めて訂正しているのです。例え多くの人が利用していて、信頼されていて、大きな責任があるであろう立場でも、所詮その中で情報を選択しているのは人間であり、どれだけ優秀な人間でも必ずミスを犯します。そのミスの中には国を破滅させかねない大きなミスもこの先出てくるかもしれません。しかしそんな時、情報を受け取る側が「その情報は間違っている」と気づく事ができれば被害を最小限に抑える事ができ、それは大切な人や場所を守る事にも繋がります。たくさんの情報に触れられる現代だからこそ、我々には「情報の受け取り方を変える」事が求められているのではないでしょうか。

もちろんそれは当ブログに対しても同じ事が言えると思います。当ブログでは当然私が「重要だ」と考える情報を選んで扱っていますが、その過程では「これは不要だ」と考える情報を極力捨てています。ご覧いただければ分かると思いますが、例えば蛋白質の代謝に関わるとされる酵素の名前や、その酵素の構造・化学記号・反応式などは全くと言って良いほど載せていませんよね。それは何故かといったら単純で、私にとって重要な情報ではなく、それに関する知識があまりないからです。私にとってはその酵素がどのような役割を持っていて、その酵素が働くためにはどんな栄養素が必要で、その酵素を阻害する栄養素にはどんなものがあるか、そちらの方が重要なのです。正直言うと「それさえ分かってしまえば、難しい用語を全て省きたい」のです。興味がある事は覚えるのが早い事と似ていますが、私の場合は極端に「この知識は自分にとって必要か不要か」の差が大きいのです。捨てられた情報の中には、もしかしたら閲覧者にとって真に有益な情報があったかもしれません。しかし当ブログを見るだけではそれは分からないのです。

何が言いたいのかというと、つまり当ブログに載せられている情報をただそのまま受け取るだけでは、何が正しくて何が間違っているかを判断する事はできませんよね。情報をただ伝えるだけなら誰でもできますから、それでは当ブログの存在価値は皆無に等しい訳です。

これは私が信条としている事なのですが、「何が正しくて何が間違っているか」を判断するためのフィルターは「情報を疑う事でしか鍛える事ができない」と考えています。実際、現状として日本人はメディア(ネットを含む)に対する信頼度があまりにも高過ぎるため、与えられた情報をただそのまま受け取るだけになっている人が多い・・・だからこそ日本人は「騙されやすい」「お人好し」だと言われてしまうのではないでしょうか。確かにたくさんの情報を受け取り続ければ知識は身につくと思います。しかし情報に対する信頼度が高いほど、逆に情報に対する感受性・敏感さは失われているのです。その人が好きとか、興味があるとか、そういう気持ちが強いほどどうしても盲目になりがち、誰でもそうです。それを防ぐためには例え自分が信頼する情報であっても、まず疑って「その情報に関する情報」を自分から入手しに出向くという事が重要です。決して当ブログを閲覧するだけで終わらないで下さい。他所へ行ってもっとたくさんの情報に触れて下さい。当ブログの存在価値はそれを促す事、ただそれだけです。